地域材フィールドワーク

JIA長野県クラブ地域材フィールドワークに参加。

南佐久中部森林組合と、床・外壁の板を使わせてもらっている小林木材㈱の案内で、

北相木村の山林や南相木村の建築中の住宅などを見学しました。

12齢級(60年)の成熟した唐松が皆伐の時期を迎え、

良質な唐松の利用促進と、皆伐後の再造林についての課題についてお話を聞いた後、

実際の山の状況と伐採現場、唐松を構造材・板材に使用した建築中の住宅を見学しました。

住宅に使用されていた唐松は節も少なくきれいな材でした。

今後の設計に生かして行きたいと思います。

JIA長野県クラブ 地域材フィールドワーク 建築家 唐松
地域材フィールドワーク
JIA長野県クラブ 地域材フィールドワーク 建築家 唐松
皆伐が終わり、再造林された山
JIA長野県クラブ 地域材フィールドワーク 建築家 唐松
伐採現場
JIA長野県クラブ 地域材フィールドワーク 建築家 唐松
唐松を使用した住宅