CAFE VALO(松本市梓川)



東は美ヶ原、南は鉢伏山を望み、西は島々谷までスッキリと見通せる敷地。

敷地内の赤松・紅葉・サルスベリを残しながら駐車場を確保して建物を配置した。

駐車場側は、あえて開口部を限定したシンプルな構成。

ドアを開けて中に入ると、視界が広がる。

CAFE VALOのMさん夫妻がコンセプトに沿って選び抜かれた備品が、

適度な緊張感の中にもくつろげる空間をつくっている。

CAFE VALO blog「カフェ バロの居間心地」


所在地:長野県松本市

用途:カフェ(喫茶店)

竣工:2009年11月

構造:木造平屋建て(構造材:根羽杉・長野県産桧)

延床面積:47.92 ㎡ (14.50坪) ・デッキ部分:13.22 ㎡ (4.00坪)

設計監理:news設計室 担当:丸山和男・竹内裕矢

施工:有限会社 建築工房 時遊館 (安曇野市)

造り付家具:フレーム 甲高美香子(松本市)