通風

2003年竣工の「波田の家」の床の間。

風を取込むために床の間にアルミサッシュを取り付けています。

そのままでは床の間が台無しになるので可動(スライド)式の和紙貼りのパネルで隠しています。

風を取込みながら開口部の存在感を消し、光だけが漏れる仕組みです。

写真はプリントしたものをスキャンしたものでザラザラですね。

 

波田の家(松本市波田)

波田の家 長野県松本市・安曇野市の建築設計事務所 建築家 開口部 通風
床の間(波田の家)