光の家(安曇野市)



主な特徴

西に安曇野と北アルプスを望む分譲地に、光の家は計画されました。ホームページからお問合わせ頂き、お会いしたその日に敷地を見せて頂きました。道路を挟んだ東側の山の緑が眩しくこの緑を取り入れながら、Tさんが希望された和風の住まいづくりが始まりました。2台の駐車スペース、南側に菜園も可能な広い庭を確保して西側に建つ隣家との関係から配置が決定しました。Jパネルによる1.2m(0・9m)出した屋根は外壁を風雨から守り、夏の日差しを遮り洋風住宅が多い中にあって存在感を示しています。内部は大きな居間を中心として各室が連続したオープンな構成になっています。引き戸を中心に生活のシーンに応じ開いたり閉じたりする事が出来、光・風・季節を感じることが出来るでしょう。仕上は構造材・Jパネルを表しにした木の質感を感じる空間です。

所在地:長野県安曇野市豊科光

用途:専用住宅

竣工:2003年6月

構造:木造2階建て

延床面積:108.66㎡(32.87坪)

設計監理:news設計室

施工:山﨑建設株式会社(千曲市)

外構植栽:「はいから庭](塩尻市)