クロリBREAD&LIFE (松本市)



日々の生活に彩りを与えられるパンを焼いている、クロリBREAD&LIFE(松本市)はこまくさ道路に面した店舗(パン屋)併用住宅。限られた敷地面積の中で駐車場、駐輪場を確保し、舗装以外の余白部分はウッドチップを敷き詰め、植栽を施した。

店舗ということで、出来るだけ生活感が出ないように計画している。

建物の外壁は信州産唐松板(カラマツT&Tパネル)と白の塗り壁とし、松本の街並みに溶け込む配色としている。

店舗の看板はスズキサトルさんデザインのシンボルマークのシロクマのみで建物外壁と同じ信州産唐松(カラマツT&Tパネル)。

地元の素材で焼いているパンづくりと同じで、出来るだけ信州産の建築材料を使いたいというオーナーの希望で、木のぬくもりを感じる店舗を目指した。

店舗のパンの陳列棚はフレームの甲高さんで店の雰囲気に合っている。

キッズスペースも有り、イートインも出来子育て世代にやさしくゆっくりとした時間を過ごすことが出来る。

カードデザインは、まつしたさゆりさん。

クロリBREAD&LIFE

カラマツT&Tパネル

スズキサトル

まつしたさゆり


所在地:長野県松本市蟻ヶ崎

用途:店舗併用住宅

竣工:2018年10月

構造:木造2建て

延床面積:149.23㎡ (45.14坪)店舗部分:64.53㎡(19.52坪)住宅部分:84.70㎡(25.62坪)

設計監理:news設計室 担当:丸山和男